>

何を伝えればいいのか

焦って電話しないように注意

早く家具や家電を処分しなければいけないと、慌てている人が見られます。
しかし慌てていると、住所を雑に伝えてしまう可能性があります。
急いで来てほしい時こそ、ゆっくり丁寧な説明を心がけてください。
自宅が少しわかりにくい場合は、目印を伝えましょう。
近くに目印があれば、それを頼りに不用品回収業者は自宅に向かいます。

目立つお店や看板があれば、それを伝えましょう。
何度も依頼している不用品回収業者であれば、すぐ来てくれます。
しかし初めて依頼する業者の場合は、そのような考慮が必要だと理解してください。
周囲を見回しても目立つ看板がなかったら、大通りまで出迎えるのもおすすめです。
不用品回収業者が、迷わず自宅まで行けるような工夫をしましょう。

どんな不用品を処分するか

住所以外にもう1つ重要な情報があります。
それが、不用品の種類や数です。
大きな家具や家電、さらにたくさんの数があったら大きなトラックで行かなければいけません。
またスピーディーに作業を進めるため、スタッフの数も増やします。
少ない数であれば、それほど大きなトラックは必要ありません。
スタッフも、1人か2人で対応できます。

トラックやスタッフの人数を決めるために、不用品の情報は欠かせません。
自宅の住所だけ伝えて、満足して電話を切らないでください。
家具や家電を何個出すのか、具体的に説明しましょう。
たくさんの不用品があるのに、スタッフが少ないと作業を終えるまで時間がかかってしまいます。
余計な時間を発生させないでください。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる